ホーム » 色彩検定の基礎知識 » 色彩検定の学習に必要な物

色彩検定の学習に必要な物

色彩検定の受験に必要なテキスト類などについて紹介しています。

必ず買うべき物

色彩検定を受験するにあたっては、書店に行くと様々な参考書が並んでいますが、2005年のテキスト改訂により、今まで発売されている物はほとんど役に立たなくなってしまいました。

ですので、まずは色彩検定の公式テキストを手に入れましょう。公式テキストは以前は特約書店AFT企画のサイトでしか入手出来ませんでしたが、最近はamazonでも購入することが出来ます。

新配色カードについては大きいからお得だという理由で199bを買われる方が多いですし、大手スクールでも199bを配布される場合が多いのですが、1級まで視野に入れておられる方は、実際に試験で使われる199aを購入して、練習する方がよいでしょう。

テキストの改訂により、以前の問題集と出段範囲も異なっておりますが、今までの問題の傾向に慣れるためにも、過去問題集を1冊と市販の問題集を1冊ずつは購入することをおすすめします。

  • 公式テキスト(3級2級1級
  • 過去問題集
  • 新配色カード(199aあるいは199b
  • 市販の問題集(好みに合う物)

あった方がよい物

以前は暗黙の了解のように副読本として推奨されてきた「カラーコーディネーター入門色彩 改訂増補版」ですが、改訂によりテキストが充実してきたため、ほとんどの事は公式テキスト内に掲載されるようになりました。しかし重要なことがまとめられている重宝な本ですので、持っておくに越したことはないでしょう。

また1級を受験される方は配色の演習も必要になってきますので、「カラーコーディネーターのための配色入門」を入手して、配色関係の知識のまとめと演習を行うのもよいかと思います。

問題集を購入する際には、それほど数を揃える必要はありません。1冊でも十分ですが、2冊あると尚良いでしょう。同じ問題を間違えなくなるまで繰り返して解けば、まず合格できます。

1級を目指すためには過去問題集を出来るだけ多く揃え、傾向を見極めることが重要になります。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る