ホーム » 色彩検定1級2次試験対策 » PCCSの明度を覚える » 低彩度トーンの明度の覚え方

低彩度トーンの明度の覚え方

低彩度のペール・ライトグレイッシュ・グレイッシュ・ダークグレイッシュの4つのトーンの明度を覚えます。

ライトグレイッシュトーン・グレイッシュトーン・ダークグレイッシュトーン

6:yO・8:Y・10:YG、12:G・14:BG・16:gBは同じ明度になっていることから、とても覚えやすいでしょう。いつもの通り18:B・20:V・22:Pも同じ明度ですから、実質覚えなければならないのは3つになってしまいます。

3つと言ってもそれぞれが0.5の明度差しかありませんから、最高明度の8:Yを覚えるだけで全部覚えたことになると言っても良いでしょう。

まずはライトグレイッシュトーンですが、最も明るい8:Yは7.5で10:Yも同じ7.5となっています。12:G・14:BG・16:gBの3つは0.5だけ明度を下げてやって、7.0となります。18:B・20:V・22:Pはそこからさらに0.5明度を下げてやって、6.5と言うことになり、それだけで完成です。

同様にグレイッシュトーンの8:Yの4.5、ダークグレイッシュトーンの8:Yは2.5だけ覚えてしまえば、後は簡単でしょう。

ペールトーン

ペールトーンもほとんど同じなのですが、8:Yだけが特殊ですので、そこだけ注意をする必要があります。

暗い方から見てみることにしましょう。20:Vの明度は7.5で、これはライトグレイッシュトーンの8:Yと同じ明度です。

18:B・20:V・22:Pの明度は7.5で、そこから3つ(12:G・14:BG・16:gB)はライトグレイッシュなどと同じように、0.5の明度差があるだけですので、8.0となります。

暗い方の3つのトーンと同じようにするならば、6:yO・8:Y・10:YGの3つは明度8.5となるはずですが、ここは一ひねりして、8:Yだけもう0,5明度を上げて、9.0にしてしまいましょう。

これで全てのトーンの明度を覚えたことになります。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る