ホーム » 色彩検定1級2次試験対策 » PCCSの明度を覚える » 中彩度トーンの明度の覚え方

中彩度トーンの明度の覚え方

ライト・ソフト・ダル・ダークの中彩度の4つのトーンの明度を覚えます。

ライトトーン・ソフトトーン・ダルトーン

ダークトーンだけイレギュラーになっておりますので、覚えやすい上3つを先に覚えてしまうことにします。

ライトトーンは最も明るい8:Yの明度は8.5でブライトトーンと同じです。最も暗い20:Vは6.0となっています。明度差は2.5となっています。

作り方は至って明快で、18:Bの明度6.0まで0.5ずつ明度を下げていけばよいのです。つまり8:Yが8.5、10:YGが8.0、12:Gが7.5、14:BGが7.0、16:gBが6.5、18:Bが6.0となるだけです。

例によって、17:Bから23:rPまでは同じ明度ですし、暖色側も同じように作っていけばよいので、すぐに覚えられることでしょう。

ソフトトーンは最も明るい8:Yの明度は7.5で、最も暗い20:Vは5.0となっています。ライトトーンより全体的に明度が1.0低いわけですね。

ダルトーンも同じ形になっていますが、最も明るい8:Yの明度は6.0で、最も暗い20:Vは3.5となっています。ソフトトーンより全体的に明度が1.5低くなっています。またライトトーンの最も暗い色(20:V)とダルトーンの最も明るい色(8:Y)が同じ明度(6.0)になっていることにもお気づきいただけるかと思います。

ダークトーン

ダークトーンは上の3つのトーンとよく似ているのですが、単純に0.5ずつ下げればよいと言うわけではありません。

最も明るい8:Yの明度は4.0で、最も暗い20:Vは2.0です。まずはこれを覚えてしまって、暗い方から覚えることにします。

いつも通り17:Bから23:rPまでは同じ明度ですので、2.0です。ここから2つ分(つまり16:gBと14:BG)は同じ明度2.5が2つ並びます。注意するのはこれだけです。

後は8:Yまで0.5ずつ明度を上げていけばよいのです。12:Gが3.0、10:YGが3.5、8:Yが4.0となり、これで完成となります。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る