ホーム » 2004年イタリア旅行記 » イタリア旅行記2004 第3日

イタリア旅行記2004 第3日

この日も睡眠爆発で9時起床。どんどん健康的になっていく気がします。昨日食料店で買い込んだコルネットをミネラルウォーターで朝食。朝は節約しなければ。

1日の始まりは「アラレちゃん」から。表現は違いますが、「うほほーい」「くぴぷっ」はよくわかります(笑) イタリアのテレビも日本のような通販番組は多いんですよね。スポーツ器具とかスチームで汚れを落とす機械とか。でも24時間カーペットを売り続けてるチャンネルがあるんですよね。いったいどれくらいの需要があるのだろう・・・。

さて今日はヴァチカン美術館に行こうとしたのですが、土曜日は12:30までということで後日に変更しました。昨日の反省は一切なく地図をろくに見ないで出発です。

フォロ・ロマーノまずはテルミニ駅南のヴィットリオ・エマヌエーレ2世広場の市場を横目にコロッセオに行きました。土曜日でものすごい混みようで、入場に並んでいたので中には入らず、そのままフォロ・ロマーノへ。ここはローマ時代の遺跡が残っているところです。かのゲーテも散策したとか。ここを抜けていくとお馴染みのヴェネツィア広場です。ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂のある場所ですね。

ここでメル友のヴェロニカに電話しましたがなぜかつながらず。グローバル携帯がちっとも役に立ちません・・・。どうなってるねん。

大統領官邸になっているクイリナーレ宮ここら辺りで歩いていると左足に激痛が。どうやらアキレス腱のようです。あまりにも痛いのでホテルに撤収しようと思いましたが、ここで見事なまでに迷ってしまいます。たどり着いたところはクイリナーレ宮。どうやら大統領官邸のようです。

さすがに地図を見ると意外と駅まで近いことが判明。お腹が空いてきたので、食べ物を探しながら共和国広場に歩いていくとマクドナルドを発見。3年前に辛すぎて食べ残したリベンジをしたいという、およそ普通とは思われない考えが浮かび上がってきます。そんなわけでビッグマックセットを注文。5.5ユーロ(≒770円)とかなり高いです。多少辛かったですが見事に完食です。

バルベリーニ宮(国立絵画館)座っていると足の痛みが引いてきたので、バルベリーニ宮へ。ここは国立絵画館になっているバロック様式の美しい建物です。ここではラファエロやカラヴァッジョなどもあるのですが、お気に入りはフィリッポ・リッピです。前から好きだったのですが、ここの「聖母子」を見て、また好きになりました。あとはエル・グレコもぜひ見てほしいですね。個人の趣味ですが・・・。

勢いに乗って骸骨寺とガイドブックに書かれてあったサンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ教会へ向かいましたが、閉まっていましたのでやむなく共和国広場に撤退してサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会を見学します。ここでアキレス腱がいっぱいいっぱいです。

ここでイタリア初のジェラートを食します。レモンです。この後ひたすらレモンのジェラートを食べ続けることとなります。

サンタ・マリア・マッジョーレ教会ホテルの帰りがけにサンタ・マリア・マッジョーレ教会に立ち寄りました。ここはローマの4大大聖堂の一つです。ホテルを出ると一直線にこの教会が見えるので、帰りの際の目印にもなるありがたい教会です。

ホテル前のネットカフェによるとヴェロニカから返事が来ていました。どうやら明日会えると言うことです。また返事を書いてホテルに戻りました。アキレス腱が不思議なくらいに腫れています。これはまずいのでとりあえず昼寝してみました。

テレビをつけっぱなしで寝てしまったのですが、起きてみるとどうやら物まね番組をやっているようです。しかし元が誰かちっともわからないので、会場は爆笑ですが私にはちっともわかりません。仕方ないので食事に出ることにします。

ホテルを出た瞬間にホテル隣のピッツェリアの兄ちゃんに日本語で声を掛けられます。足が痛くて遠出も出来そうになかったので即決して中に入ります。あまり食欲もなかったので、ブルスケッタとスパゲッティ・カルボナーラだけで夕食。食欲がないならもっと軽いスパゲッティにすればいいのに・・・。

食事中にふと前を見ると鉄人ルー・テーズのそっくりさんが。もし彼が生きていれば「あなたはルー・テーズさんですか?」と声を掛けていたに違いありません。

そんなわけで食後にネットカフェに行くとまたヴェロニカからメールが来ていたので、これで待ち合わせ成立です。ホテルの場所と電話番号をメールしてホテルに戻ると、早速ヴェロニカが電話をくれました。明日の12:30に迎えに来てくれるということです。ありがたいことです。

そんなわけでシャワーを浴びて、洗濯を済ませるとポケモンの長編をやっていました。ええ、もちろんピカピカ言ってましたよ。足の痛みもあって、そのままぐったり就寝しました。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る