ホーム » 2004年イタリア旅行記 » イタリア旅行記2004 第4日

イタリア旅行記2004 第4日

今日はいよいよヴェロニカとご対面です。友達も連れてくるって言ってたけど楽しみです。ところがこの日は朝から大雨・・・イタリアに来て初めての悪天候です。9時に起きたけど傘を持ってこなかったので小降りになってからホテルを出発。

Windowsゲーム「トムとジェリー」来るまでに2時間くらいあるのですが、雨降りで遠いところに行く気にもならなかったので、テルミニ駅地下のフォーラムというショッピング街に出かけることにしました。いろんなお店が入っているのですが、まずスーパーでお水とメモ帳を調達。CD&DVDショップを発見したので、入ってみたのですが心に響いたのはWindows用のトムとジェリーの対戦ゲーム。12ユーロ(≒1680円)だったので、ついつい買ってしまいました。帰国後に遊んでみましたが、これが結構熱くなります。そんなわけでしばらくそこで過ごしてホテルに戻りました。

12:25にホテルの下に降りるとヴェロニカとフランコがすでに来ていました。もちろんイタリア語で初対面の挨拶を済ませると、どこに行きたいか聞いてくれます。と言われてもどこに行くと楽しいのかわからないので、地図を見て相談です。このヴェロニカは英語は全く話せません。フランス語とラテン語(どこで使うんだろう?)は大丈夫らしいのですが。その代わりにフランコが少し話せるので、イタリア語と英語混じりで相談して、最初はポポロ広場から行こうと言うことになりました。

ピンチョの丘地下鉄に乗っての移動ですが、フランコが切符を買ってくれました。広場はローマの北の玄関口ということです。その後ろにあるピンチョの丘はローマ市内が一望できてとても気持ちのよいところです。ここであの建物はこれなどと全部説明してくれます。「ここは行ったか?」など聞かれて、次はパンテオンを目指そうと言うことになりました。

パンテオンの天井の穴パンテオンにはヴィットリオ・エマヌエーレ2世やラファエロなどの大物が眠っています。ローマ時代の建物が非常にきれいなまま残っています。ミケランジェロ曰く「天使の業とのことです。天井にはなぜか穴が空いていますが、なぜかはわからないとはヴェロニカの言葉。フランコはものすごく寡黙です。

そのままパンテオンの近くのピッツェリアでお昼ご飯。僕はピッツァ・ナポリ(ナポレターナかと思ったが、メニュー表記がこの通りだった)を食べました。陽気なローマっ子のヴェロニカは食べながらしきりに話しかけてくれます。が、さすがにご飯を食べながらイタリア語を理解するのは私には難しいです。

この後は歩いてヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂へ。いつも来ている場所ですが、実はこの中にはイタリアの統一記念館があります。ここには入ったことなかったので、連れて行ってくれました。イタリアの歴史についての解説付きです。ありがたいことです。当時使われた剣などを見て、ヴェロニカ「オスカル・オスカル」と行ってます。実はこのヴェロニカ、日本のマンガ好きで家には500冊マンガを持っているとのことです。この後、ご丁寧に日本語で「薔薇は、薔薇は美しく咲いて、薔薇は、薔薇は美しく散る」と歌ってくれました(笑) 

さて次はヴァチカンへの移動です。さすがに少し遠いのでバスで行くわけですが、またしてもフランコが切符を買ってくれます。しかも少し離れたところまで買いに行ってくれました。ほとんど話しませんが良い奴です。

ミケランジェロのピエタサン・ピエトロ寺院はカトリック信者でない僕でも厳粛な気持ちになる場所です。特にこの日は日曜だったのでミサをやっておりました。ここにはミケランジェロのピエタがあるのですが、初めてではないのに見ているとなんだか体がぞくぞくと震えてくる感じです。解説付きで一通り巡って外に出る頃には肩がガチガチになってました。大きな教会というのはどうも緊張します。

ヴェロニカとフランコせっかくなのでここで記念撮影。この写真ではやっていませんが、なぜかヴェロニカはピースサイン。日本のマンガを見て最近覚えたと言ってます。使い方は全くもって間違いではないのですが、きっと時代は間違っているでしょう。

ナヴォーナ広場のベルニーニの彫刻があしらわれた噴水ここからサンタンジェロ城の横を通り過ぎて夜のナヴォーナ広場へ。すでに辺りは暗くなってきました。ここは昼間もたくさん人がいる場所なのですが、夜もライトアップされていて、たくさんの人で賑わっています。ベルニーニによって作られた噴水に腰掛けて30分ほどトーク。ここでもやはりマンガの話です。ここではガラスの仮面の話題が中心。私の語学力不足でブラックジャックを説明しきれなかったので、これを宿題と言うことにしてジェラートを食べに行きました。ここでもフランコがおごってくれます。いい奴だ・・・。夏に日本に来るらしいから、その時にお返ししてあげよう。ちなみにこのフランコは北斗の拳が大好きだそうです。

しばらく歩いてバスでテルミニ駅へ。二人はホテルまで送ってくれました。ナポリまで連れて行ってあげられなくてごめんと言われましたが、ここまでしてもらってこっちは感激。僕のわかりにくいイタリア語を根気よく聞いてもらって、僕がわかるまでゆっくり話してくれただけでもうれしいです。次はぜひ大阪で会おうと約束して別れました。お二人さん、本当にありがとう!!

そんなわけでホテルに戻りましたが、晩ご飯がまだなので、いつものピッツェリアまで出かけます。出かけると言っても徒歩3秒なのですが・・・。昼もピッツァでしたが、夜もまたピッツァです。今度はピッツァ・アッラ・カプリチョーザ。カプリチョーザは気まぐれなという意味で、いろんな具が乗ってます。すでにチーズ好きが止まらない状態になっています。

今日は体と言うよりも頭が疲れました。丸1日イタリア語を話し続けると言うことをしたことが初めてですから。知恵熱が出ないか心配でしたが、それはどうやら大丈夫だったようです。

当初はローマに1週間いて、フィレンツェからヴェネツィアを目指そうと思っていたのですが、どう考えてもローマでの日数が足りない気がしてきました。すごく居心地がいいんですよね。そんなわけで行程変更も視野にいれようかなと思い始めたのがこの日でした。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る