ホーム » 2006年イタリア旅行記 » イタリア旅行記2006 第13日

イタリア旅行記2006 第13日

さてジェノヴァ生活2日目です。今日はぐっすりと眠れたので、8時過ぎに目を覚ましました。王宮は午前中だけなので、早めに動くことが出来そうです。9時半にホテルを出発です。

朝食はいろいろと並んでいるのですが、コーヒーとオレンジジュース、コルネットにちょっとだけハムを追加しました。なぜコーヒーかというと、エスプレッソマシンが動かなかったのですね。いわゆるアメリカンですよ。こっちで飲んでもちっともおいしくないです・・・。

そんなわけで王宮まで出発です。と言ってもホテルから300mくらいしか離れていないので、すぐなのですが・・・。昨日は入館を拒否(休み)されましたが、今日は入れてもらえました。

王宮の庭王宮の庭からは海も見えてとってもよい感じです。ここジェノヴァにはヴァン・ダイクの絵がたくさん残っていて、ここにももちろんあります。が、あまり好きではないので心に響きません・・・。

赤と白の宮殿のある通り次は街歩きです。本当は赤の宮殿と白の宮殿に行きたかったのですが、連続で絵を見るととっても疲れてしまいます。限度は2つくらいだと思うのですが、昨日休みだったために今日3つ見なければならないという状況です。ジェノヴァに来られる皆さんは、ぜひ月曜日を外して予定を組んでくださいね。

うろうろしてるとそろそろ12時半。お腹も空いてきました。ここで昨日目をつけておいたトラットリアに向かいます。いい雰囲気のお店で、地元リグーリア料理を食べさせてくれるみたいです。

食べたのはサラミ、クルミソースのパンソッティ(ラビオリの親戚)、ウサギ肉のリグリア風です。おまけにパンケーキまで付けました。全部で33ユーロ(5000円弱)で大満足です。各都市で1回は贅沢しようという目標も達成できました。今回は眼鏡も壊していないし、自分の物を全然買っていないので、比較的お金に余裕がありそうな感じです。

店員のお姉さんがものすごく美人で感じもよかったことも付け加えておきましょう。ジェノヴァに行く人はあんまりいないとは思いますが、知りたい人は名前と場所を教えますので、連絡ください。あ、お姉さんの名前じゃなくてお店の名前です。

さてお腹も一杯になって、元気になったところで、赤と白の宮殿のはしごです。が、食べ過ぎてしんどいのと絵を見すぎて頭の中もいっぱいになってきました。一枚ずつ鑑賞していくという気力がなくなったので、ここは飛ばし見します。ヴァン・ダイクばっかり出てきても心が浮き立ちません。1枚だけあったカラヴァッジョがせめてもの救いでした・・・。

ジェノヴァの山側からの景色かなり頭を使ってしまった感じがあるので、自然でも見ようと思って、フニコラーレ(ケーブルカー)で山の上まで一気に上がります。片道50チェンテージミ(75円くらい)なので、ぜひ上ってみるといいと思います。ジェノヴァの街が一望できて、頭もリフレッシュ出来ました。

山から下りてくる道帰りは街を見下ろしながら自分の足で下ってきました。1時間近くかかりましたが・・・。ケーブルカーの直線走行で10分近くかかる距離ですから、くねくね降りていく道路だと推して知るべきでしたが、かなり頭が悪くなっているようです。道も良くないし、下りはやはり足に負担が掛かります。

ジェノヴァで見たネコそしてまたネコを撮影・・・。

よれよれになりながら、とりあえずいったん休憩のためにホテルに戻ったのは5時を過ぎてからでした。お昼ご飯を適当に食べていたら、すでに行き倒れていたかもしれません・・・。ここで30分ほど仮眠を取ることにしました。少し休まないと足が動きませんので。

目が覚めたら6時半でしたが、お昼の影響でちっともお腹が空いていません。幸い足は元に戻ってきていたので、歩いているうちにお腹が空くだろうということで、街歩きの再開です。

夜のフェラーリ広場夜のフェラーリ広場です。同じ場所でもライトアップすると全然印象が違いますね。こういうのが仕事に活きてきます、多分。

お腹が空かないままうろうろしていましたが、昨日書いたようにトラットリアは路地にあったりするので、路地をのぞきながら歩いていると、特に薄暗い路地の奧から黒人の女性が手招きをしてます。間違いなく何かを売っているに違いありません。きっと人類最初の職業の人でしょう。気力、体力、勇気、お金の全てが僕には欠けていますので、ここはスルーです。

そんなこんなで2時間も歩いてしまったのですが、ちっともお腹が空きません。結局軽く済ませようと思って、昨日の夕食と同じピッツェリアに入りました。

すると向こうの方で魚介類のスープを食べている人がいます。これならあっさりしてるかなと思って注文してみると、これがとってもおいしい! さすが海洋都市。海の幸はとってもおいしいです。大満足の夕食で払ったのは食後のコーヒーと水も併せて24ユーロ(3500円くらい)でした。とっても安い感じです。この値段を安いと感じる自分の金銭感覚には多少疑問を持ったりしますが、ここはイタリアなので気にしないことにします。

ホテルに戻ってきたのは9時半。また洗濯をして、出発の準備をします。明日は昼にピサに行って、フィレンツェに宿泊しようかと思ってます。ピサとかルッカの宿泊でもいいんですけど、フィレンツェの方が勝手がわかるので、動きやすいんですよね。ちょっと移動が大変かもしれませんが、ピサ中央駅には手荷物預かり所があるらしいので、なんとかなるでしょう。ゆっくり眠ってから出発しようと思います。

あ、今回のジェノヴァのホテルは無料でインターネットが使えます。一台しかなくってイタリア語と英語しか使えないけど・・・。とりあえず空くのを待って、フィレンツェのホテルを予約してみました。自分の足で探すのもおもしろいけど、移動が辛いときには便利です。私が使っているのはVenere.comです。前日の予約も大丈夫だし便利ですよ。日本語での予約もできます。

駅から5分くらいのところなので、疲れていても大丈夫な場所で探してみました。マキャベッリ・パレスという大層な名前がついていますが、3つ星ホテルで一泊60ユーロ。立地から考えるとまずまずの値段だと思います。

ではではおやすみなさい。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る