ホーム » 2006年イタリア旅行記 » イタリア旅行記2006 第15日

イタリア旅行記2006 第15日

何一つ変わらない朝を迎えた15日目です。何も変わらないと言うことは、当然雨天も変わらないと言うことで、今日は小雨の中をうろうろすることになりそうです・・・。

目覚めたのは8時過ぎ。今日は移動距離が大きいので、少し早めに起きてみました。移動で昼食が遅くなることを想定して、がっつりと朝食を食べます。もともと朝はあまり食べられないんですけど、仕方ありません。

朝食を取り終わって9時前にホテルを出て、駅の反対側にあるSITA社のバスターミナルに向かいます。シエナ行きは結構便があるので、安心していましたが、ちょうど出て行くところでした。無理すれば乗れたんですけど、水も買ってないしトイレにも行ってないので、一本見送って30分後のバスに乗ることに決めました。

9時40分にバスは出発。到着予定は11時10分です。ちょうど90分ですが、少し早いのは75分くらいで着きます。上手く乗れればいいんですけど、なかなかそういうわけにもいきません。

トスカーナののどかで灰色(ほんとは違うはず)の風景をながめつつ、うつらうつらしながらシエナに到着です。

シエナのポポロ広場まず目指すはポポロ広場です。何も言うことはありません。これがシエナ色なのかと実物を見て感激。この辺りの風景は写真をご覧ください。

シエナのポポロ広場2

シエナのドゥオモの内部次に向かったのはドゥオモです。写真はありません。なぜなら全面修復中で、何も見えなかったからです。その代わりにここでは中の写真を撮れましたのでどうぞ。

シエナのドゥオモのモザイク絵画や聖堂そのものの作りも素晴らしいのですが、床のモザイクも見逃してはなりません。

そしてドゥオモから出てきましたがお腹は空いていません。美術館に入る気力はあまりなかったので、街をしばらく散策して、サン・ジミニャーノを目指すことにしました。

シエナからサン・ジミニャーノへは直通バスが走っているので便利です。だいたい1時間ちょいだったかなと思います。寝ぼけていてはっきりしないのですが。

塔の街サン・ジミニャーノここサン・ジミニャーノは中世から時間が止まったような塔の街です。あいにくの雨ということとオフシーズンと言うことで、観光客などほとんどいません。貸し切り状態とも言えますが、お店もあまり開いていないのが現状です。

街のあちこちの写真をご覧あれ。こんな街が残っていることに本当に感動しました。フィレンツェからのアクセスもそれほど悪くなく、日帰り旅行にもってこいの場所ですので、フィレンツェの日程に余裕がある方におすすめします。

サン・ジミニャーノの街並み

サン・ジミニャーノの街並み2

サン・ジミニャーノの街並み3

先に帰りのバスの切符の購入と昼食を済ませます。と言ってもパニーノ1つだけですが。実はバスには弱いので、乗るとあまり食欲がなくなってしまいます。

まずは聖堂に入ってみました。ここは写真が撮れないのが残念ですが、きれいなフレスコ画が残っています。かなり痛んでしまっているようですが・・・。

グロッサの塔次に向かったのは市立美術館と同じ建物にあるグロッサの塔です。この塔にはもちろん登れます。まずは夕方になる前に塔に登ってみることにしました。

グロッサの塔の内部ものすごく怖いです。スライムとかローパーとかドルアーガとかが出てきそうな感じでもあります。壁に向かって10秒じっとしているとアイテムが出てくるかなと思いましたが、カッパーマトック一つ出てきませんでした。

最後の階段、というより梯子最後の仕上げにこの階段と言うよりははしごに近いところを登れとおっしゃいます。雨で足下が悪い中、なんとか登り切りました。

それがこの景色です。晴れていればもっときれいだったんでしょうが、曇っていても十分に情緒があります。各方向の写真をご覧ください。

グロッサの塔からの風景

グロッサの塔からの風景2

グロッサの塔からの風景3

塔の下り階段登るのに疲れたのもあって、塔の上で15分ほどくつろいでから降りていきます。下りはもっと怖いです。

美術館の方は写真を撮れなかったのですが、フィリッピーノ・リッピの作品が2点ありました。その他の作品も貴重な作品だと思われます。

少しバスまで時間がありましたが、雨が強くなってきたので、バス停に座って待つことにしました。もちろん傘などは買っていませんので・・・。

すると横に日本人の新婚さんらしき2人がやってきました。が、お互いに丁寧語で話しています。どうもおかしいです。

そして2人はおもむろに財布の中身をチェックし、レシートなどをノートに書き写し始めました。よく見えませんでしたが、使ったお金をカフェ一杯に至るまで、全てチェックしているようです。

次には旅行の日程表を出しているようです。旅行会社の物ではなく、明らかに手作りの感じの・・・。おそろしく計画的なのかもしれませんが、これが新婚旅行だと思うと多少違和感を感じてしまいました。ここはイタリアですよ・・・。

さてバスは出発します。20分後にポッジポンシでフィレンツェ行きに乗り換えです。この乗り換えもバスの運転手が教えてくれるので余裕です。サン・ジミニャーノを出発すること1時間20分でフィレンツェに到着しました。

とりあえずは靴下が濡れて気持ち悪かったので、ホテルに戻って着替えることにします。すぐに出発してインターネットカフェに向かいます。とりあえず明日のホテルを予約しておきます。

着いてから探してもいいのですが、荷物が増えてきているのと、到着してすぐに友達に会わねばならないので、出来るだけ時間を節約したいわけです。

おかげでなんとかテルミニ駅の近くの3つ星ホテルを1泊50ユーロで予約することが出来ました。8時半くらいになっていて、お腹が空いていたので例のところにご飯を食べに行きます。もうフィレンツェで4回目です。

他に食べるところはないのかという気もしますが、いろんなところで食べたいわけではなく、いろんな美味しい物を食べたいので、別にお店は同じでも構いません。こういうお店が各地に一つ出来るといいのですが、まだローマでは見つけられていません・・・。

今日食べたのは手長エビとズッキーニのパスタと「肉」です。愛想のない書き方ですが、薄く焼いた肉にオリーブオイルとレモンを搾って食べるというシンプルな料理です。これもとっても美味しいです。ということは素材がいいのですね。美味しくない肉だとこうは行きません。

とりあえず名残惜しいのですが、店員のお姉さんとメールアドレスを交換して、店長のジョルジョともまた次にと握手してお別れしてきました。1年後くらいに戻ってきたいなぁ。

ホテルに戻ったら、浴槽に湯を張ってお風呂タイムです。シャワータイムよりずっと快適です。食べ物に不自由はしないんですけど、やっぱりお風呂は漬からねば・・・。

そんなわけで後は荷造りして就寝。10時前に出発できればいいので、8時半くらいまで寝ようかと思います。ではではおやすみなさい。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る