ホーム » 2006年イタリア旅行記 » イタリア旅行記2006 第16日

イタリア旅行記2006 第16日

さあ16日目。いよいよ帰国を目前にしてローマに出発します。友達のミーナは所用で来れないとのことなので、残念ながら1人でゆるゆる過ごしましょう。誰かがいてもゆるゆるなのですが・・・。

目が覚めたのは8時で早速荷造りをします。それから朝食です。着くのは昼前くらいになりそうですが、電車に乗ると、乗り物酔いとは言わないまでも食欲は減退するので、少し多めに食べておくことにします。

駅に向かって、水とタバコを調達して、9時53分のES(特急)に乗り込みます。今回は珍しく2等車です。やっぱり1等車にしておけばよかったなぁと座った瞬間に後悔しましたが・・・。個人的にはESの2等よりローカル線の2等の方がシートがしっくりくるんですよねぇ。

まあそれはいいとして、ローマへの到着予定は11時30分だったのですが、なぜか7分ほど早く着きました。日本の新幹線だと考えられないことですよね。

さてホテルの場所はわかっているので、早速向かいます。到着して部屋に入ってみると、うーんという感じです。この値段でシャワーがついているだけ、ありがたいことではあるのですが・・・。本当に物価の上昇を感じてしまいます。

早速荷物をほどいて、ノートパソコンの充電をしようと取り出してみると、なんと無線LANがつながっています。どう考えてもこのホテルのではない感じです。ん? このネットワーク名は隣のインターネットカフェか・・・。ネットカフェなのにあまりにも無防備だと思いますが、ありがたく利用させていただくことにしました。

さてしばらくするとお腹が空いてきたので、昼食に出かけます。今日はカルツォーネを食べて済ませることにしました。お水とエスプレッソを合わせて9.5ユーロ。すごく安い気がしますが、日本円にすると1400円くらいになります・・・。

それからホテルに戻ってお昼寝です。移動日で早く目覚めてしまったので、夜に備えて寝なければ。でも1時間しか寝ていませんが。

起き出したのはいいのですが、全然お腹が空いていません。当たり前です。食べてからそんなに時間が経ってませんし・・・。仕方ないので18時半にお散歩に出発です。

今日のローマはとても暖かく、ダウンコートでうろうろしていると汗をかくくらいです。ペットボトルのミネラルウォーターの減りも早く、ものすごくジェラートを食べたくなるのですが、ここで食べてしまうとまた夕食が遠くなるので、我慢します。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂からスペイン広場、ポポロ広場の近くまでやってきてしまいました。この辺りはショッピング街ですので、ものすごく誘惑も多いのですが我慢します。なんて禁欲的なんだろう!

1時間半も歩くとさすがに少しお腹が空いてきたので、ホテルの方向に戻ることにします。ホテルまでは30分くらいなので、歩いてるうちにおいしそうなものが見つかる・・・と思ったら、思い切り何もない道を歩いてしまいました。本当は少し細い横道を歩かなければならないのに。

まあ仕方なくホテルの前のピッツェリアでカルボナーラと鳥のカツを食べました。水とエスプレッソを付けて、13.5ユーロ。20ユーロを切る夕食は人の家にお世話になっている日を除いては到着日以来かもしれません。どうやらありえないくらい贅沢になっていたようです。日本に帰ったら質素に・暮らします。

そんなこんなで9時半ごろにホテルに戻って、シャワーを浴びてテレビを見ながら今日はおしまい。写真を撮ることもなく、本当に何もしない一日になりました。

普通の人は帰る前にあんなことしようとか思うのかもしれませんが、僕の場合は一番辛いのは行き帰りですので、そのために体力を温存しなければという、わけのわからない発想になって、何もしなくなってしまいます。

本当は明日はヴァチカン美術館に行きたかったのですが、日曜で混んでいるはずなのでやめます。また次に来ればいいだけのことです。

ぐだぐだもここに極まれりみたいな日になってしまいましたが、明日も同じくらいぐだぐだで昼寝しながら頑張ろうと思います。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る