ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 最終日

イタリア旅行記2009 最終日

いよいよ出発日となりましたが、この日ももちろん雨でございます。最後の最後まで雨にたたられた旅行となりました。

飛行機が19時半と夜の出発なので、夕方まで時間をつぶさねばなりません。とりあえずチェックアウトだけ済ませて、荷物をホテルに預けて散歩に出かけます。

まずは共和国広場に面したサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会教会に向かいます。残念ながら写真はございませんので、ご覧になりたいという場合は、イタリア版のWIKIPEDIAをご利用ください。割と疲れが出ておりましたので、すっかりと撮り忘れておりました。ここは元々ミケランジェロがディオクレティアヌス帝が造らせた大浴場を活かす形でプランしたそうなのですが、後世の改修の時にだいぶ元のイメージと変わってしまったそうです。外と中の印象が全く違うのがおもしろいですが、正直サンタ・マリア・マッジョーレ教会の方が僕は好きです。

ローマの名も無きというよりも名前を忘れてしまった教会続きましては名も無き教会や路地など今まで歩いたことのないところを歩いて、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂に向かいます。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂ここは今回の旅行でも何回も通っていたのですが、この日まで上らなかったのは、もちろん雨のせいです。小降りになってきたので、最後に上ってみることにしました。内部はイタリア独立戦争時の博物館になっており、当時の偉人達の軍服や書簡などが展示してありました。

この辺りでお昼になりましたので、どこかでご飯を食べようとコルソ通りを歩きます。もう目的地などはないので、気の向くままに歩いていくと、見つかったのは2日前にお昼ご飯を食べたLe grotteというリストランテ。前回美味しかったので、最後の昼食にふさわしいお店ですね。生ハムとマッシュルームのカルツォーネを食べました。大変おいしかったので、写真を残しておかなかったのが悔やまれます。

普段なら地下鉄に乗ってホテルに戻るところですが、最後なのでのんびり歩いて「花園飯店」に戻ります。荷物を持ってテルミニ駅へ、そしてそのままレオナルド・エクスプレス(直通特急の名前)で空港に向かいます。空港の免税店で嫁がFURLAのバッグを買っておりました。僕もあれこれ見ていたのですが、自分のカバンはフィレンツェで購入済みなので、じっと我慢します。

成田経由で関空に戻るというフライトですが、もう少し早くチケットを取って、関空からの直行便にすればよかったなと思います。帰りの疲れた体には結構こたえました・・・。

なんとか家に着いたのは22時頃。イタリアではシャワーばかりでお風呂に浸かることはなかったので、ゆっくりして今回の旅行は全て終了です。

駄文に長々とお付き合いいただきありがとうございました。また番外編として今回の反省やおすすめのお店などをまとめてみようと思います。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る