ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 番外編

イタリア旅行記2009 番外編

一応、旅行記は終わってしまったのですが、次回へのメモ書きとして気づいたことなどをメモ書きとして残しておきましょう。

飛行機

まずは飛行機ですね。今回は貯めていたマイルを使おうと思っていたので、最初からJALありきでした。これが65000円分くらいありましたので、2人で往復13万円ほどになっております。関空からローマへの直行便はJALではなかったんですね。アリタリア航空では関空-ローマ路線があって、14万円ほどだったので、同じくらいで直行便があった計算となります。ただJALのクーポンが65,000円残ってもなぁということで、マイルを使うこととなりました。せめて伊丹から成田に行ければよいのですが、出国手続きのことを考えれば仕方ないでしょう。

ホテル

ホテルは珍しく出発前に全て予約してから行きました。年末年始のイタリア旅行は初めてですし、今回は新婚旅行ということで、現地に着いてからあたふたするのもしんどいですしね。

ローマのWelcome Piram HotelHotels.comで予約しました。どこの予約サイトでもこのホテルはそこそこ安い値段で出てくるのですが、その中で最安値だったのがHotels.comで、6泊で42,612円でした。通常6泊もすることはないかと思いますが、こういうサイトでは何泊以上で1泊サービスとか30%オフとかいうキャンペーンが結構ありますので、日程に余裕があれば1泊多めに泊まった方が安くなるということもあります。予約サイトによって同じ日程でも金額の差が出ますので、泊まりたい場所をある程度絞り込んだら、いくつか比べてみるといいでしょうね。

このホテルは従業員の対応も親切ですし、設備もそれほどいいものを期待しなければ十分かと思います。朝食もなかなかです。コンチネンタルブレックファストならそんなに差はないだろうと思うわけですが、これが案外ホテルによって差があって、パンとか飲み物の質の差が大きいんですね。なので、朝食の美味しいホテルに泊まると幸せな気分になれます。立地もテルミニ駅にも共和国広場駅にも近いところにありますし、歩いて観光するのにも便利な場所です。次回も使ってみたいホテルの一つになりました。

フィレンツェのMachiavelli Palaceはホテルの公式サイトの予約フォームで予約しました。このホテルは予約サイトではなかなか見つかりません。以前は掲載していたのですが、私が予約する段階ではホテルのリストには出てきても、空室は出てきませんでした。ところが本体のサイトからは予約できました。昔の僧院をホテルにしたということで、部屋は狭く設備も豪華ではないのですが、天井の梁が見えていたりして、雰囲気が大好きなので、最初からここに泊まろうと決めておりました。朝食もなかなか豪華で美味しいので、毎回使いたいくらいのホテルです。きれいな部屋がお好みの方にはおすすめしませんが、うちの嫁は雰囲気がよいので、とても喜んでおりました。

ここは駅が至近ですし、観光の便利もよいので(と言うよりもフィレンツェの街は小さいので、どこでもそんなに変わらない)、荷物が大きめの人はこの辺のホテルに泊まるとよいでしょうね。きれいなホテルがいいという方は、すぐ近くにHOTEL PALAZZO BENCIというところがあるので、そちらをおすすめします。

Machiavelli Palaceはそれほど高いホテルではないのですが、今回は12月28日:59ユーロ、29日:74ユーロ、30日:89ユーロ、31日:159ユーロとなっております。大晦日に近づくに従って上がっていくわけですね。これはある程度仕方ないかと思います。2006年に泊まったときは2月に60ユーロで泊まっておりますので、基本的にはリーズナブルなホテルだと考えております。

最後に泊まったローマのFlower Garden Hotelこと花園飯店booking.comで予約しました。大変安いホテルで、立地も申し分ありません。ただ朝食がやや残念で、種類・味ともいまいちです。立地だけは申し分ないんですけれども。後はお湯は一番きちんと出たくらいしか言うことがございません・・・。

美術館予約

実は今まで美術館の予約はしたことなかったのです。行く時は常にオフシーズンなので、予約しなくても入れたり、混んでいたら出直すとかしていたのですが、今回は同行者がいるため、日本で予約しておきました。

予約したのは以下の通りです。

ローマ
バチカン美術館予約ページ
ボルゲーゼ美術館予約ページ
フィレンツェ
ウフィッツィ美術館予約ページ

日本では前売りでチケットを買ったりすると割安だったりしますが、イタリアの美術館では4ユーロ程度の予約料を取られることがあります。高い気もしますが、時間に限りがある旅行では予約しておいた方が安心ですね。

ナポリツアー

ローマ発のナポリツアーはAlan1.netというところで予約しました。イタリアに限らず世界の現地オプショナルツアーを扱っているサイトです。実際の催行会社はマイバスイタリーというところですね。

今までこういう現地ツアーなどは使ったことがなかったのですが、やはりガイドさんがいた方がわかりやすい場合もありますので、行き先などによっては使った方が効率がよいかもしれません。

旅行前の段階で気になっていた「セグウェイで行く!フィレンツェ市内観光半日ツアー」(65ユーロ)は直前のドタバタで忘れてしまっておりました・・・。次回はぜひ申し込みたいと思います。

クリスマス・年末の状況

クリスマスはローマで迎えました。日本と違ってクリスマスイブはまず普通に観光も食事も出来ます。店によっては夜は早めに閉まってしますのですが、テルミニ駅近くなどの観光地ではそれほど問題とならないでしょう。

深刻なのは12月25日です。美術館・レストランなど主要な施設はほとんど閉まりました。駅前のマクドナルドですら開いていないので、観光客にとってはかなり深刻な状況です(ただし駅構内のマクドナルドは開いていました)。ですが、テルミニ駅の構内はどこも開いておりますし、がんばって探せばご飯を食べることは出来るでしょう。

翌26日にはかなり状況は改善されますが、コンドッティ通りのブランドショップなどは軒並み閉まっており、どうやら連休のようでした。

次に新年はフィレンツェで迎えております。大晦日は予約制のお店が多いと聞いたので、僕たちも予約したわけですが、実際にあちこちのお店でスペシャルディナーいくらみたいな貼り紙を見かけました。もちろんそうでないお店もあるはずですが、お目当てのお店などがある場合には、早めに予約しておいた方がいいのかもしれません。またその他の商店も夕方に閉まるところが多いようです。ツアーなどでフィレンツェに大晦日に滞在という方は気をつけた方がよいかもしれません。

日々の日記に書けなかったのはこのくらいでしょうか。また思い出したらその都度書き残したいと思います。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る