ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 第13日

イタリア旅行記2009 第13日

とうとうやってきました。イタリアに来てから初めてと言ってよいくらいの快晴の日です。本当に雲一つ無い青空だったので、今まで歩いたところももういっぺん見てみようと朝から散歩に出かけました。

まずは近いところでまだ見てなかったバルベリーニ美術館に向かいます。

ネコのワンピース行きに通ったお店で素敵な柄のワンピースを見つけました。中に入って見せてもらおうと思ったのですが、なぜかお店が開いていなかったので、また見にくることにしましょう。

バルベリーニ美術館バルベリーニ美術館は、正確には国立古典美術館という感じでしょうか。ここの住んでいたバルベリーニ卿のコレクションを展示しているのですが、こぢんまりした美術館ですが、ラファエロ、ティツィアーノをはじめとしたなかなかのコレクションです。残念ながら撮影禁止なので、外観だけをお届けします。ボルゲーゼ美術館と並んで、絵画が好きな人で、ローマで時間の余裕がある人には訪れてほしい所の一つです。

丘の上から見るローマ散歩のコースは僕任せなので、どこへ行こうかと思ったのですが、せっかくの晴天なので、高いところからローマを見てみようと、スペイン階段の上の方へ行ってみました。ここはそれほど高い場所ではないのですが、ローマ名物と言っていい場所だと思います。そこからポポロ広場の上に広がるピンチョの丘までは、ローマを見下ろしながら散歩できる素敵な場所です。

雑貨屋で買ったネコグッズ途中、うっかりと雑貨屋に入ってしまい、リングスタンド・鍋つかみ×2・マグネットを購入してみました。全てネコグッズで、我々の残念さがその辺りからも垣間見えます。

騎乗している警官途中には馬に乗った警官がいました。どういう場所で活躍されている方かは知りませんが、かっこいいですね。

快晴のポポロ広場晴れた中を歩くのはこんなに気持ちいいものなのかと新鮮な気分での散歩です。我々はすっかり日光に飢えていたようです。写真を多めに取りながら、ポポロ広場に着きました。ここも雨の時とは人通りの多さも、雰囲気も全然違います。

スペイン広場近くのピッツェリア Le Grotteこの辺りでお腹が空いてきたので、ご飯を食べる場所を探します。結局うろうろして、スペイン広場近くのLa Grotteというピッツェリアで昼食を取ります。それほど高くないのですが、結構豪華な内装で、大変おいしいピッツァを食べさせていただきました。今回ローマで食べたピッツァでは最高かもしれません。

整然と並べられたネクタイその後は歩いてホテルに戻ります。途中で見かけたネクタイのショーウインドウが素敵です。私のセミナーでお手本として長く使われることでしょう(笑)

戻ってからは夕方まですっかりとお昼寝してしまいました。快晴で浮かれてちょっと歩きすぎたようです。

夕食は近所を散歩した後に、ホテルのすぐ横にあるリストランテ「Terme di Diocleziano」(ディオクレツィアーノ浴場)に行ってみました。ややいいお値段のお店なのですが、ここは大変素晴らしい味でした。定かではないのですが、2人で95ユーロ(≒12,600円)ほどでした。ワインを飲む方ならもう少し行くかもしれませんね。また次回にも行ってみたいお店として記録しておきましょう。チーズの盛り合わせ(絶品)、フェットチーネのディオクレツィアーノ風(魚貝のトマトソース的なもの)、ローマ名物のサルティンボッカにドルチェのティラミスです。空腹とおいしさで写真は1枚も残っておりませんのであしからず。

寝る前にテレビを付けたら、昨日見た「CHIAMA E VINCI!」を放送しておりました。残念なことに昨日とは違うお姉さんが司会ですが、番組の構成や進行などは同じです。様式美として成立しているのかもしれません。再び食いつくように見入ってしまいました。見終わると日も変わっていたので、そのまま寝ることにします。

明日はいよいよ丸1日使える最終日です。ローマで行ってない辺りをうろうろしてみようと思います。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る