ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 第3日

イタリア旅行記2009 第3日

クリスマスイブですが、こちらでは特に何かがあるというわけではありません。聞いたところではお店は夜早めに閉めるところも多いようですが、どうやらテルミニ駅近くで夕食を取るには影響なさそうな感じです。

今日も起きてから、朝食前にテルミニ駅の付近を一人で散歩しながら、携帯電話の充電がどうにかならないか考えるものの、まったく問題が解決出来ません。何しろヨドバシカメラやビックカメラなどの何でも揃う家電量販店のようなものは皆無ですので。

「ROMA」シール付きの目覚まし時計まずはお土産屋さんでおそろしく粗悪な作りの目覚まし時計を4ユーロ(≒530円)で購入しました。何しろ携帯の目覚ましも使えない状況ですし、部屋に入ると時間がまったくわからなくなってしまうのです。イタリアでは、日本のビジネスホテルのような設備はまったく整っていないのです。ちなみにこの時計、ROMAとテプラで作られたようなシールが貼ってあります。けして印刷などではありません。とりあえずホテルで時間がわからないという事態は解決されましたが、目覚まし時計を持って歩くわけにはいかないので、また腕時計でも調達しなければならないでしょう。

コロッセオの外観本日はコロッセオの見学からスタートですが、。何回来てもそのスケールには圧倒されます。当時は雨が降ったら海軍が来て、天幕のようなものを張って、屋根を作っていたそうです。今のドーム球場もびっくりですね。

コロッセオの内部実は内部に入るのは僕も初めてなのです。いつもものすごい行列で、数時間待ちのような状態だったので、入りそびれておりました。地下には猛獣や剣闘士が出てくるエレベーターのような仕組みもあったそうです。きっと剣闘がない時には、歌なども催されていたのでしょう。演歌歌手のようにせり上がりで登場した人もいたに違いありません。

コロッセオの内部続いてフォロ・ロマーノの見学です。古代ローマの政治の中心地になったところで、現在でもフォロからフォーラムという言葉が残っていますね。この辺りの古代遺跡には嫁もものすごく感動しておりました。

歩き疲れたので、トレビの泉を経由して、近くのバールで休憩しました。2人ともアイスティーを注文したところ、500mlのペットボトルが2本出てまいりました。これで何と11.5ユーロ(≒1530円)です。入る前からなんとなく想像は出来ましたが、人生で最も高いペットボトルの買い物でした。

この後、高級ブランドの店が建ち並ぶスペイン階段前のコンドッティ通りでウインドウショッピングをして、地下鉄に乗って、ホテルの最寄り駅である共和国広場に戻ってきました。疲れたので、ホテルで食事をしようと、近くのバールで生ハムとモッツァレラチーズのパニーノを買います。

ここで当然のように昼寝をします。その後、ホテルの部屋の謎の多いネット端末から、日本へ携帯が使えない旨をメールしました。言うまでもなく、日本語が使えない環境のため、ローマ字によるメールです。思いっきりスパム扱いされて葬り去られそうな気もします。OSなどはまったくわかりませんでしたが、ブラウザはそのアイコンから、OPERAではないかと推測されます。とりあえずGmailなどにはアクセス出来たので、ほっと一安心。

本来は手持ちのノートをつなげられるはずなのですが、なぜか接続出来ませんでした。昔は暗号化されてない無線LANをいくらでも捕まえられたのですが、2010年にもなると、なかなかそういうわけにもいかないようです。

十分に休憩を取ったら、夕方のお買い物です。近くのスーパーで水を買い、次のスーパーでは嫁が薄手のセーターを買っておりました。来る前は寒波だと聞いていたので、かなり厚着でやってきたのですが、実際に着いてみると、毎日18℃とか考えられない暑さで、歩いているだけで汗をかいて体力を消耗する状態です。僕も服を買いたかったのですが、あまりいいのがないのと、サイズが合わなかったので、ここでは見送りました。

現在、イタリアでは紫が大流行です。メンズ・レディースを問わず、様々なトーンの紫が至る所に並んでいます。2004年に来たときは、黄緑がおそろしいほど流行っていました。イタリアにおける流行色というのは、かなり極端なのかもしれません。全身を紫で固めたショーウインドーもあちこちで見られるくらいです。

そのまま散歩していると、ガラス細工のお店があったので、あれこれと物色。結局、5ユーロの小さなネコの置物を買いました。

コカ・コーラ提供の電飾に包まれた路面電車そしてクリスマスモード全開の路面電車。ここまでやってくれるとすがすがしい感じがします。コカ・コーラの頑張りですね。

クリスマスイルミネーションここもなかなか頑張ってます。何かの会社だったのですが、忘れてしまいました。

晩ご飯は駅前のピッツェリアでピッツァ・カプリチョーザとコーラで簡単に済ませました。

明日こそ腕時計を買った方がよさそうですが、ここはパパ(教皇)の写真入りの安い物があれば、ネタ的にもベストかもしれません。早速、探してみることにします。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る