ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 第5日

イタリア旅行記2009 第5日

本日はボルゲーゼ美術館を11時から予約してるので、朝ご飯をゆっくり食べて、徒歩でボルゲーゼ公園に向かいます。クリスマスは終わりましたが、今日もお店はどうやらお休みのところが多いようです。今にも降りそうな空模様で心も全く浮き立ちません・・・。

多少道を間違えたものの、ほぼ予定通りの時間に到着しました。ここは比較的こぢんまりした美術館で、完全予約制なので、割とゆったりと見学することが出来ます。ここで見るべきはカラヴァッジョの絵とベルニーニの彫刻でしょう。たまたま企画展のような感じで、フランシス・ベーコンとカラヴァッジョ展のように行われていたのですが、残念ながらフランシス・ベーコンは全くと言っていいくらい心に響きません。

約1時間半くらいの見学を終えると、外は大雨になっておりました。脚も痛いことだし、公園でのんびりしようと目論んでいたのですが、この雨ではどうにもなりません。おまけに美術館は公園の奥の外れに近いので、ご飯を食べようにも食べるところもありません。仕方ないので、公園を散歩だけして、スペイン階段の裏側の方から、お店がたくさんあるところへ戻りました。

さすがにクリスマスも1日空けると、この辺りもぽつぽつとお店が開いていたので、ちょっとこじゃれた感じのピッツェリアに入りました。なぜかこのお店では、ミッ○ーマウスの絵とか置物が壁を埋め尽くしています。中はやや落ち着かない感じですが、スモークサーモンのカルツォーネを食べます。

雨のポポロ広場その後はポポロ広場まで歩いて、ローマの初代皇帝アウグストゥスの廟を通って、再びスペイン広場から地下鉄に乗って、ホテルに戻りました。

雨のローマの夜昼寝後もやはり雨が強かったので、あまり出かける気にもなれず、夕食までだらだらと過ごします。食事には少し早かったのですが、雨が小降りになってきたので、外出します。

ここでようやく日本語が使えると明記された安いネットカフェを発見。30分で1ユーロなので、かなり安い料金設定です。携帯が使えなくなってから、久々に情報と言うものに触れることが出来て何よりでした。

夕食はホテルの近くのピッツェリアで、ペンネ・アッラビアータ、ミラノ風カツレツにエスプレッソまで付けて、20ユーロ(≒2660円)。味としては普通だったので、昨日のお店に比べるとやや割高感を感じたりもします。

ここ数日は大変写真が少なくなっております。雨だとどうしてもポケットからカメラを出して撮影するのが面倒くさくなりますね。文章もそっけなくなっているのを自分でも感じております(笑) 今後の天気に期待して、寝ることにしましょう。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る