ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 第6日

イタリア旅行記2009 第6日

さて、前半のローマ滞在も最終日になりました。とは言え、まだ後半に5日ほどあるので、まったく旅立つような感慨はありませんが・・・。少し冷え込んできましたが、久々の晴れで気分良くお散歩に出かけられそうです。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂今日はまだ行ってない南の方へ出かけます。まずは地下鉄に乗って、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂に行ってみました。ここはバチカンに教皇が移る前にカトリックの総本山であったところで、非常に由緒ある重要な教会なのだそうです。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂の内部日曜の朝なので、もしかしたらミサで入れないかなと思ったのですが、普通に入ることが出来ました。実は前に来たときは立ち入り禁止になっていたんですけどね。スピーカーから聖歌が流れております。大変上手に聞こえたのですが、これはスピーカーのマジックでして、近づいてみると言うほどでもなかったのが残念です。これくらいの大教会だと立派な聖歌隊がいるのではないかと期待してみましたが・・・。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂のミサ奥の方に進んでいくと、ミサをやっております。写真を撮るのはどうかと思われたのですが、みんな遠巻きに撮っておりましたので、参加してみました。

次に歩いてカラカラ浴場に向かいます。カラカラ帝が作ったので、そのように呼ばれておりますが、この人の本名は「マルクス・アウレリウス・セウェルス・アントニヌス」だそうです。カラカラは彼が来ていた外套に由来するのだそうです。

カラカラ浴場前のネコここの入場券売り場の前で、また大変人なつこいネコに出会いましたので、ここでも撫でまくりです。同じく観光に来ていた小さな女の子が撫でると、気持ちいいのかひっくり返って喜んでおりました。あまりにもかわいいので、ここでたっぷり10分ほど使ってしまいます。

カラカラ浴場ものすごいスケールで、3000人くらいが同時に使えたらしいです。宝塚チボリ カラカラテルメはなくなってしまいましたが、1800年前のこの浴場はまだまだ当時の姿を残しております。

カラカラ浴場のモザイクモザイクの床なども雨ざらしのままで、まだ残っています。ここへ来ると当時のローマの建物はすごかったのだなぁと、あらためて実感します。

疲れたので、テルミニ駅まで地下鉄に乗って、いつものスーパーで切り売りのピザとケーキを買って、ホテルでの昼食にしました。ココアのケーキを買ったのですが、ココアパウダーのかけ過ぎで、粉っぽいというより粉そのものを食べているような感じです。口に入れると固まって、まったく食が進みません。気合いで完食しましたが、今までで最高に食べにくかった食べ物ランキングの第1位に認定したいと思います。

さて、当然のように昼寝しまして、夕方から再びネコ捜し散歩に出かけます。

夕刻のローマの路地裏まずは路地裏を散歩です。残念ながら、この辺りではネコに出会えませんでした。

夜のヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂そのままヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂を目指します。昼は堂々としておりますが、ライトアップされるとまた雰囲気が変わりますね。

日曜の夕方だからでしょうか、どこも人でいっぱいです。ものすごい人をかき分けながら、もう一つの目的地であるH&Mに向かいます。日本にも数店舗ありますが、大阪にはまだありませんので、嫁がどうしても行きたいと申しました。嫁はシャツとセーターを買っておりましたが、メンズがなかったので、僕は何も買わずに撤収してきました。

日曜夜のポポロ広場その後はポポロ広場を経由して、スペイン広場に行き、地下鉄に乗ってテルミニ駅まで戻りました。

夕食は初日に行ったお店で3回目の食事を行います。ちなみにこのお店は「ピーナッツ屋」と名付けられました。ピーナッツがおいしいとかそういう理由ではありません。

このお店にはいつも陽気な呼び込みのお兄さんがいるのですが、中で店を取り仕切っている店長らしき人とよく似ている・・・と言うより、同じ顔であることに気づきました。きっと兄弟なのでしょう。その顔がPEANUTSに出てきそうな顔だったので、彼らのことをピーナッツ兄弟と呼んでいたので、我々の中ではこのお店はピーナッツ屋になりました。

付け加えておくと、別に若いバリスタ兼ウエイターがいたのですが、この人も同じ顔をしています。きっとピーナッツ3兄弟であると勝手に断定しました。確認はしておりませんが、ほぼ間違いないでしょう。

誰も得しない情報を書いてしまいましたが、ここで本題に戻りましょう。夕食の内容は茄子のファルファッレ、マルサラ酒風味のエスカロップ、付け合わせには当然のように山盛りのフライドポテト、食後は言うまでもなく、エスプレッソにしました。

明日はいよいよフィレンツェに移動です。荷造りを済ませてから寝ます。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る