ホーム » 2009年イタリア旅行記 » イタリア旅行記 第9日

イタリア旅行記2009 第9日

はい、この日も雨でございます。さすがにげんなりしてきましたが、なんとか出かける時にはぽつぽつくらいの降りになったので、気を取り直して出かけることにいたしました。この日は買い物を一気に済ませてしまおうという魂胆です。

サンタマリア・ノヴェッラ教会の裏とは言うもののお買い物だけでは寂しいので、まずはサンタマリア・ノヴェッラ教会に向かいます。フィレンツェの中央駅はサンタマリア・ノヴェッラ駅と言うのですが、この教会の前にあるからなんですね。駅から見えるのがこの面です。

サンタマリア・ノヴェッラ教会の正面で、裏の方・・・と言うよりも正面に回ってみるとこんな感じになります。取って付けたように見えるのは僕だけでしょうか?

この日の最大のテーマは結婚指輪の購入です。フィレンツェは金細工で有名な街なので、最初からこっちで買おう企んでおりました。そんなわけで、結婚式では楽天市場で買ったダミーを使っておりましたよ。

町中をうろうろして探していたんですが、結局いいのが見つからず、高いという噂を聞くヴェッキオ橋の方までやってきました。確かに高い物は高いのですが、それなりのものも結構見つかりそうです。

ショーウインドウを見ていると、声を掛けられたので、結婚指輪を探しているというと、それなら中にあるので見ていけと言うので、店内でいくつか見せてもらいました。

結婚指輪その中に一つ良さそうなデザインの物があったので、即決のような感じで購入することにしました。やや華奢な感じもするのですが、フィレンツェっぽい透かし彫りになっていて、良い感じです。日本では結婚指輪と言えばプラチナが多いのでしょうが、こちらではゴールドが主流です。それに倣って我々もゴールドの物を購入しました。ちなみにこのネコのリングスタンドはローマで購入いたしました。もし壊れたら、その時はまた買いに来ることにしましょう。

大仕事を済ませるとお腹が空いてきたので、ご飯を食べるところを探します。何軒か入りかけたのですが、ちょうど一番混んでいる時間帯で満席だったので、なかなかご飯にありつけそうもありません。そこで昨晩のリベンジで僕が本来行きたかった中華料理店であるイル・マンダリーノ(漢宮飯店)に向かいます。昨日の晩から連続で中華なのですが、そこは気にしないでおきましょう。

ここもすごくおいしいお店なのですが、大変リーズナブルに高級店のような雰囲気と味が楽しめます。セットメニューにせずに単品で蒸し餃子・麻婆豆腐・エビチリ・ご飯・ジャスミンティーを頼んで2人で30ユーロ(≒4000円)ほどです。

このお店では隣に座った日本人の夫婦と少し会話しました。てっきり日本から来たと思って話していたのですが、海外赴任中の休暇でブラジルからやってこられたそうです。大晦日のご飯は予約した方がよいという情報をお伝えして、再び買い物に戻りました。

途中で立ち寄った銀細工屋さんでは、オーナーと思われるおばさんにイタリア語を褒めてもらいました。片言しか話していなかったのですが、どうやらフィレンツェの方のアクセントに近い自然な感じだったようです。フィレンツェの人にイタリア語を習ったことはないので偶然なのでしょうが、褒められて悪い気はしないものです。ここでは大晦日の夜は駅や広場とか街のあちこちでコンサートとかのイベントがあると教えてもらいました。

お土産物中心の買い物なのですが、H&Mでは自分用のシャツも2着買いました。実は到着した日に見つけていたのですが、また後で来ようといいつつ、それきり見つけられなかったのです。気づいてみればこんな近くにあったのかという位置でした。ローマ店にはメンズはなかったのですが、フィレンツェ店にはメンズも置いてました。お店の広さはあまり変わらないようなので、行くならこちらでしょう。イタリアでH&Mに行く価値を見いだせればの話ですが・・・。

イタリアで買った革のカバンお昼寝後に再び買い物に出かけました。ふらっと立ち寄ったお店で買ったのは自分用の革のカバンです。フィレンツェは金細工と同じように革製品が有名なところでもあります。フィレンツェに本店があるフェラガモなんかもその一つですね。ちょうどいいくらいのサイズの質の良さそうなカバンを235ユーロ(≒31,200円)で買いました。このくらいの買い物でもドキドキしてしまう私は小心者です。

夜はニョッキを食べたいというリクエストで、前の旅行の時に行ったサーモンクリームソースのニョッキが美味しかったレストランを探すことにしました。路地を入ったようなところにあったはずだと思いながら、20分ほど探し回って見つけましたよ。ちゃんとニョッキの入った魚のコースも残っていました。

魚の燻製のカルパッチョまずは何かの魚の燻製のカルパッチョ。

サーモンクリームソースのニョッキ次に待望のサーモンクリームソースのニョッキです。これは期待通りの味でした。サーモンの加減がちょうど良いです。

魚のソテーメインは何かの魚のソテーで、付け合わせにタマネギとポテトが付いてきました。レモンシャーベットとワイン(1/4サイズ)にお水も付いて、確か21ユーロ(≒2800円)だったので、かなりお得感がありました。味もなかなかのものでしたよ。

明日はいよいよ大晦日。買い物もほとんど済ませたし、晴れればよいのですが。

関連記事

何かコメントがあればどうぞ

▲このページの先頭に戻る