最近の投稿

配色ツールの使いどころ

ウェブ配色ツール Ver2.0が好評のようで、はてなブックマークでも1600人以上の方にブックマークしていただいているようです。Adobe kulerのブックマーク数を超えることも出来て、高評価いただいたのだなぁとうれしく思います。本当にありがとうございます。

このツールを作りながら考えていたのは、それなりに見える色の組み合わせは、比較的簡単な計算式で出来てしまうということです。多少なりともプログラミングの知識がある方なら、ソースコードを読んでもらえればすぐに理解出来るかと思います。もちろん最初に用意したレイアウトに限定した配色であり、柔軟性では人間の頭脳には到底及びません。(私ががんばればもっと精度を上げることも出来ますが、その必要を感じていません)

色彩決定の流れここで色が最終決定するまでの流れを見てみます。私がウェブの色彩を決定する場合の例なので、一般的には違う部分もあるかもしれませんが、概ね左の図のような感じでしょうか。

まず1番目のカラーマーケティングですが、競合サイトの色(あるいは実店舗)の色を調査する段階においては、ツールで決められるようなことは何もありません。

1の結果を踏まえて、このような色を中心に色彩設計すれば、よい効果を生むことが出来るだろうという提案をするわけです。1の結果を踏まえれば、1色から配色展開出来るこのようなツールは使えますし、プレゼンテーションにも使えるでしょう。

次にワイヤーフレームの作成です。これはデザイナーさんなりディレクターさんの仕事かと思いますが、ワイヤーフレームが先に出来ていれば、2と同時にワイヤフレームに簡単に彩色を行うこともあります。その方がクライアントには伝わりやすいですからね。

配色の方針もワイヤーフレームも出来上がれば、デザイナーさんにがんばっていただくことになります。Webクリエイターボックスさんの記事にもありますように、実際にはツールだけで完結するわけではないので、細部を決めていってもらわなければなりません。

そして最後に出来上がったデザインの色彩をチェックして修正します。私の場合は読みやすさやウェブコンテンツJISやWCAG2.0(ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン)といった諸規格の基準を満たしているかや、配色のバランス・伝えたい情報に見合った色が使われているかなどを確認します。

最後の調整の部分の読みやすさについては、配色ツールにもいくらかは取り入れましたが、どうしても数値だけではカバーしきれない部分があります。可読性の条件を満たしていれば無条件に読みやすいというわけではないので。

と、このような流れを見渡した時に、配色というものをきちんと捉えるならば、ツールが使える部分というのは、かなり限られてくるのだなと思います。個人サイトや社内で使われるシステムなどの配色を決める場合には、ツールに依存してもそれほど大きな問題は生じないかもしれませんが、企業や店舗などのサイトでは、これだけを信頼するのは危険ですね。

あーだこーだと書いてきましたが、平たく言えば、先に「赤を使って配色をする」と決めてから、その色をどうしようかと考えるための道具がこの配色ツールではないかと考えています。

色彩戦略的には1のカラーマーケティングが、戦術的には5の最終調整が重要で、繰り返しますがこの辺りはツールではどうしようもない部分です。「ツールでポン!」みたいな感じではなく、その前後のプロセスをぜひ重視してもらいたいなと思います。

言いかえれば、マーケティングが必要でないバックエンドで使われるシステムなどの画面設計には使いやすいかもしれませんし、ツールを組み込むのもありかもしれません。

もっともツールはあくまでもツールで使う人次第で、気楽にお使いいただければと思います。読みにくいサイトや、ごちゃごちゃして使いにくい配色のサイトが少しでも減ると増えるとうれしいですね。

「ウェブ配色ツール Ver2.0」を公開しました

ウェブ配色ツール Ver2.0フォルトゥナのウェブサイトにて、「ウェブ配色ツール Ver2.0」を公開しました。

以前、Flashで作った「配色ツール」を「基礎からわかるホームページの配色」のサイト上で公開したのですが、やや古くなったことと機能強化をしたいと思っておりましたので、お盆を利用して一気にやってしまいました。

何しろJavascriptとかjQueryとか今まで使ったことのない技術を使ったので、かなり苦労しましたが、jQueryは本当にすごいですね。ほしい機能のほとんどがプラグインで実現できてしまいました。。8bitパソコンのBASIC言語(N60-BASIC)と1.0時代のActionScriptくらいしか学んだことがないプログラミングの苦手な私ですが、なんとなく形になりました。その代わり書いたコードはひどいものだと思いますが・・・。

計算式で配色を作る以上、どうしてもおかしな配色も出来上がってしまいます。これをできるだけ減らすように考えてみたのですが、まだまだ複雑なアルゴリズムを考えなければならないようです。徐々に改善していきたいと思いますので、ご期待ください。

合わせて9月28日(火)に開催する「Webカラーセミナー デザイナーにNo!と言える色彩スキルを修得!」もよろしくお願いします!

ウェブカラーセミナー内容ちょこっと出し2

このセミナーはウェブサイトの配色を提案するカラーコーディネーターにもぜひ聴いてほしいと思っています。

全国にはカラーコンサルタントが山のようにいますが、その中にウェブサイトの配色の提案をする人も数多くいます。ただ残念なことにウェブの色のことが理解出来ている人はあまり多いとは思えないのです。

例えば、

色の力でみんながハッピーに!

とか、

あなたの色を見つけましょう。 カラーリストが応援します! セミナーイベント情報
■8月7日(土)13時~18時
■場所:フォルトゥナ

多数の皆様のお申し込みをお待ちしております!!

などとやっている人が、ウェブカラーを誰かにアドバイスするなどと言うのはどうなんだろうと思っています。(2つの例のどこにリンクがあるのだろう?)

普通のサイトなら、こんなことをやっていたら、ページビューも上がりませんし、おそらくよほど根気強い人でなければ、目的のページに到達することも困難になるでしょう。

カラーコーディネーターは色を決めるのが仕事ですが、あまりにも業務が多岐にわたるため、各分野の知識にもある程度通じていなければ、仕事になりにくい場合も多いのです。

例えば、高齢者向けに住宅の色を決める場合には、住宅の知識も必要やバリアフリーに関する知識も求められるはずです。階段の踏み板や蹴込みの色をどうするかとか、変えるとして商品があるのかとか細かいことも必要になってくるかもしれません。ここはインテリアコーディネーターと業務が重なる部分ですね。

パーソナルカラーをしている人もかなり多いかと思いますが、これも同じ事ですね。その色が肌に合うかどうかだけでなく、服の形や素材、コスメの質感などもトータルでコーディネートしなければ、よいカラーアナリストとは言えないでしょう。こちらはスタイリストやメイクアップアーティストなどと重なってきます。

それぞれの分野にはそれぞれの知識が必要で、ウェブデザインにも当然あるわけです。

イメージに合うというだけで色を選ぶのではなく、最終的にクライアントにとっては、ビジネスを成功させるための手段としてのウェブサイトなわけですから、それを阻害するような要素というのは当然排除してしかるべきですし、カラーコーディネーターもある程度の知識を持って対応しなければなりません。

例えばJIS規格であったり、WCAG(ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン)であったり、暗黙知と呼ばれるようなものでしょう。

ところが多くのカラーコーディネーターが、ユーザビリティとかアクセシビリティとかに関してはまったく学ばずに、色のイメージだけでウェブのカラーをアドバイスしているように思われます。他の分野のことは勉強してアドバイスするのに、ウェブだけは勉強せずに色のイメージだけを考えてアドバイスとかは本来ありえません。

もちろん優秀なデザイナーやインフォメーションアーキテクトがいる場合には、そちらにこの分野を任せて、配色やイメージだけを決めればよいのかもしれませんが、ウェブの知識なしに社内でウェブを担当している人や、自分でサイトを運営しているネットショップオーナーに、誤った色の使い方をアドバイスするのはやや問題です。クライアントだけではなく、エンドユーザーも幸せになれません。

私としてはカラーコーディネーターという職業の地位向上と、ウェブサイトの色彩の品質の向上の両方を目指しておりますので、ぜひウェブサイトの色についての知識がないカラーコーディネーターにもぜひ話を聴いてほしいと思うわけです。

残念ながらカラーコーディネーターが個人で作るサイトの配色は、この10年近く少なくとも機能性においてはまったくレベルは向上していないと感じています。

これをご覧のカラーコーディネーターの方がいらっしゃいましたら、セミナーに来てくださいとは言いませんが、ウェブの配色について少しは学んでいただけませんでしょうか? 自分の手持ちのサイトの色から考えてみるのも重要なことだと思うのです。

ウェブカラーの品質の底上げを心から願う一カラーコーディネーターからの心からのお願いです。

こうして、また同業者から嫌われていきます。

例によって、セミナーの詳細は、告知ページをご覧ください。

Web Site Expert #31

Web Site Expert #31うっかりしておりましたが、Web Site Expert #31が発売されました。今回の特集は「本格的に動き出した位置情報メディアたち ジオロケーション・マニアックス2010」ということで、位置情報に関するあれこれです。

位置情報というと私自身は「まちつくmixi」とか「はてなココ」などで利用しておりますが、最近いろんなサービスに使われるようになって、これからどんどん拡がっていくのだなぁと思っておりましたので、興味深く読ませていただきました。

私の記事「この色,どんな色? 」では、季節を感じさせる色について書いております。紙媒体のように季節感の表しにくいウェブサイトではなかなかまだ取り入れられていない季節の色ですが、キャンペーンページやランディングページなどで取り入れるとおもしろいと思います。

今回もおもしろかったので、ご興味のある方はぜひお買い求めくださいませ。

ウェブカラーセミナー内容ちょこっと出し1

今回のセミナーでは、ウェブ製作を発注する側の方も対象に入っています。

残念なことに製作会社やウェブデザイナーも完璧ではないんです。確かにウェブのプロとして、いろいろな配慮はされているんですけど、色彩に関する必須部分が徹底されているかというとそういうわけではないんですね。その結果、些細なことで使いにくかったり、歓迎されない色の使い方が随所で行われるようになります。仕方ありませんので、少しだけ時間を掛ければ、発注者側で自衛することも必要になってくるわけです。

制作者側から提出されたデザイン案が紙に印刷された物だけということはありませんか? それだけでは実際の色や使い勝手はわかりません。きちんとリンクの色やナビゲーションの色も確認しなければならないんです。実際に使い始めたら、「うわっ」という感じになりますよ。

「自分の考えていたイメージに合うかどうか」だけに頼っていると、見かけだけはきれいになっていても、まったく知らないうちに、ウェブからの問い合わせや注文の機会損失を生むことにもなりかねません。

「伝えたい内容を閲覧者にスムーズな伝達が出来るかどうか」「色がむやみに邪魔をしていないか」、この辺りを学んでいきたいと思っています。

先程もたまたま、見かけだけがきれいで、何をしたいのか、どこを押していいのかわからないサイトを見つけました。一目見たら、それなりにお金が掛かっていることはわかりますが、閲覧者が見たいページにたどり着くまでに、かなりのストレスを溜めるであろうこともわかりました。

製作会社に丸投げせず、何をさせてはいけないのか、このセミナーをきっかけに考えてもらえればと思います。

セミナーの詳細は、告知ページをご覧ください。

2010年9月28日(火) 大阪でウェブカラーのセミナーを開催します

以前からリクエストはいただいていたのですが、ようやく大阪で9月28日にウェブカラーのセミナーを開催することになりました。

場所:大阪産業創造館 5F 研修室A・B
時間:2010年9月28日(火) 18時30分~21時
講師:カラープランニングオフィス フォルトゥナ代表 坂本邦夫

今回は配色とか色彩心理とかはおいといて、ウェブデザイナー以外の方を対象にしてみました。タイトルは「デザイナーにNo!と言える色彩スキルを修得!」です。

ウェブデザイナーが配色を決めるのが一般的かと思うのですが、最終決定権はクライアントにあったりします。そこで今回は提出されたデザインを見て、その配色のどこを見て、どこを直すように指示を与えるべきなのかという視点から、色の話をしてみようと思います。

そんなわけで主な対象者は、

  • 企業のウェブ担当者などの発注する側の人
  • ウェブディレクターなどのデザイナーに指示を出す必要がある人
  • 既存のサイトをブラッシュアップしたいネットショップオーナー・担当者
  • ウェブカラーのコンサルティングを業務にしたいカラーコーディネーター
  • 最低限しなければならないことを確認しておきたいウェブデザイナー

と言う、およそウェブカラーのセミナーとは思えないような並びになっております。

最近、原稿のために数千のサイトの配色をチェックしたのですが、配色イメージ・ユーザビリティ・アクセシビリティの面で、高い水準で合格点を出せそうなサイトというのは、ほとんどありませんでした。ウェブデザインのリンク集に掲載されるようなサイトでその状態ですから、後は推して知るべしという感じもしないでもありません。

そんなわけで、発注者や依頼者・ディレクターなど、実際にデザインをせず、指示や修正を出す側もきちんと色に対する意識を高めなければならないと考えています。

料金は4,500円なのですが、Twitterで下記のツイートをすれば、4,000円になるというTwitter割引きも採用しています。

【Webカラーセミナー】 デザイナーにNo!と言える色彩スキルを修得!2010年9月28日(火) 18:30~21:00 大阪産業創造館にて。Twitter割引きもあり。このツイートをRTすれば500円引きです http://is.gd/dAEyT

特典のオリジナルウェブカラーチェックシートだけでも1000円くらいの価値はあると思っていますし、いつも通り身も蓋もない話をしたいと思いますので、よろしければご参加くださいませ。

詳細は、セミナーの告知ページからお願いします。

こうやって、またデザイナーの工数を増やして、ウェブデザイナーに嫌われるわけです・・・。でも完成度は上がるはずですけども。

今回のような対象者向けのウェブカラーセミナーは今年はこれ1回のみとなります(ものすごく好評で参加出来ない人がいるとかいう場合は、その限りではありませんが・・・)。

デザイナーさん向けのものはまた現在企画中ですので、両方に参加するとデザイナーさんも幸せになれるかもしれません。

とにかく有益なセミナーになるように、全力を尽くしておりますのでご期待くださいませ。

芸能人のパーソナルカラー?

こういうことを書くと、また嫌われるのかもしれませんが、芸能人のパーソナルカラーについて書いてみようと思います。

様々なカラーアナリストのウェブサイトで、芸能人のカラー診断をぱっと見の印象で書いたと思われるものが見受けられます。確かにお客さんに説明するときには、「タレントの誰々のようなイメージです」と言うと伝わりやすいと思いますし、その気持ちもわからないでもありません。

ただよく考えてみてください。テレビカメラで撮影されたタレントの肌の色が私たちに届くまでにどれくらいのフィルターが掛かっているのか・・・。

まずは本人のメイクですね。スタジオの照明に耐えられるようなメイクになっていることは想像に難くありません。ましてパーソナルカラーのモデルになるような美しい芸能人であれば尚のことでしょう。通常、パーソナルカラー診断はノーメイクで行いますので、これほど本来の肌の色とかけ離れた環境は、まず日常では見あたりません。

次にカメラですね。テレビ向けにどのような補正が掛かっているかわかりません。もちろん人間の肌から遠く離れた色になることはないのでしょうが、我々にきれいに見えるように設定されているのではないでしょうか。

撮影した映像を変換して放送用の電波にし、受信する際にまたテレビ用に受信しているわけですが、デジタル信号になることで、出すときと受けるときのデータの差はなくなりますので、ここは軽く流しましょう。

次にやってくる難関は目の前にあるテレビです。家電量販店に並ぶテレビを見れば一目瞭然ですが、隣同士のテレビの色は明らかに異なっています。受信した信号が同じであっても、それを再現するのはそれぞれのテレビに委ねられています。液晶パネルの性能もピンからキリまで存在します。最近では4原色を標榜し、今までより鮮やかに発色できるというシャープのAquos クアトロンなどという製品も出てきましたね。

そのようなわけで、私たちが見ている映像というのは、本来その人が持つ肌の色が忠実に再現されたものではないはずなのです。

すなわち、テレビの向こうにいる人の肌の色をどうこう言うのは、「ノーメイクで診断しないと本来のパーソナルカラーはわからない」「パーソナルカラーの診断は専門的なもので、熟練したカラーアナリストの技術が必要だ」という、パーソナルカラーの大前提を崩すことになるのではないかと思うのです。テレビ越しにちょっと見てわかるくらいなら、デジカメで写真を送って、さあ診断してくださいになりませんかというお話しです。(実際にデジカメ画像で診断してる人もいましたが・・・)

僕自身も以前はパーソナルカラーをやっていたので、その難しさや大変さをものすごく理解しているつもりです。だからこそ、カラーアナリストの専門性や技術力を安易な形で伝えて、自分の価値を下げることもないのではないかなと思います。

あ、この記事は大きな釣り針とでも思っていただけると幸いです。

カラーコーディネーターのTwitterリスト

Twitterのリスト機能を使って、カラーコーディネーターのリストを作り始めました。ツイートにはいろいろなものがありますが、セミナーの方法であったり、他の方の色彩に関する見識などは、見ていて大変勉強になります。

カラー業界は私も含めてですが、個人主義と言いますが、同業間でのつながりがなかなかないように思います。それぞれの方に同じ学校を出てるとか、同じ先生の元で修行したという仲間はいると思うのですが、それだとだいたいやっている業務や学んだことも同じで、なかなか新しい色彩の考え方は広がらないという気がしています。

そういうわけで、自分の中でも必要性も感じたので、Twitterのリスト機能を使って、ぼちぼちと他のカラーコーディネーターの方のつぶやきを眺めております。

もし他の人のつぶやきを見てみたいという方は、こちらのリストをご利用くださいませ。

リストは私の気分で追加されていきますが、@Kunio_Sakamoto宛につぶやいていただくか、DMをいただければ優先的に追加させていただきます。

せっかくこれだけの人が参加する機能ですから、ぜひ有効に使って情報を得たいと思っています。

またFacebook内にも、「カラーコンサルタント」というグループを立ち上げております。まだまだ始めたばかりで参加者もいないのですが、こちらもご興味のある方はどうぞ。

色彩にお金を出すというのが、普通の世の中になればいいなぁ・・・。

今年も半分終わりました

あっという間に6月も終わりになってしまいました。

私事ですが、今日6月30日が誕生日ですので、毎年2回区切りの日があるようです。皆さんに支えられながら、今年も半分過ごせたことを感謝しています。

体調的にはいまいちな時も多かったのですが、ようやく上向き加減なので、次の半年はあれこれ動いていきたいと思っています。

それでは、また次の半年もよろしくお願いいたします。

昔のイタリア旅行記を移設しました。

旧ブログで写真も壊れたまま放置していた昔のイタリア旅行記ですが、この度このブログ内に移設しました。写真も大きくなっておりますので、息抜きにでもご利用ください。

2 / 912345...Last »

▲このページの先頭に戻る