最近の投稿

週末は淡路島へ

今週末は南あわじ市への出張です。残念ながら観光とかではなく、講演ですので、日帰り出張となります。まあ大阪からですと、それほど時間は掛かりませんが、明石海峡大橋を気持ちよく渡るためにも、晴れてくれることを祈ります。

さて、今回は南あわじ市商工会に呼ばれての講演です。実店舗で役立つ色使いということで話をするわけですが、いろいろな業種の方がおられるし、例え同業の方の集まりであったとしても、条件はそれぞれ違うので、どう話せばよいかいつも悩みます。聞く側とすれば、すぐに役立つ「売れる色」の話を聞きたいのでしょうが、そんな物はこの世に存在しませんし。

そのようなわけで、ものすごく基本的なお話しをさせていただく予定です。自分で商品を生み出すのでなければ、基本の積み上げでほとんどの色の問題は解決します。売れる色はなくとも、売れない色を排除するのはそれほど難しくありませんので。

講演の仕事は大好きな仕事です。あまり行ったことのない土地で、いろいろな人や物を見ながら話をするのも楽しいですし、受講者の皆さんからの質疑に答えることで、自分自身の勉強にもなります。もちろん食べ物が美味しければ言うことはございません。

と言うわけで、色にお困りの皆様。全国どこでも行きますので、必要とあらばお声掛け下さいませ。

淡路島たまねぎドレッシングちなみに今回は日帰りですので、淡路サービスエリアでご飯を食べることになるかなと考えておりますが、絶対にお土産に忘れてはいけないのが、淡路島たまねぎドレッシングです。以前にも買ってきたのですが、本当に美味しいので、何本か買ってこようと思ってます。

他にも何か淡路島のお土産でおすすめの物がございましたら、ぜひ教えて下さいませ。

イタリア旅行記2009 番外編

一応、旅行記は終わってしまったのですが、次回へのメモ書きとして気づいたことなどをメモ書きとして残しておきましょう。

イタリア旅行記2009 最終日

いよいよ出発日となりましたが、この日ももちろん雨でございます。最後の最後まで雨にたたられた旅行となりました。

続・Webの配色に関する調査のご協力お願いします

現在、皆様にご協力いただいている文字の読みやすさに関するアンケートですが、3/10現在で62名の方にご協力いただいております。誠にありがとうございます。

ご意見やご質問などもアンケート後のコメントでいくつかいただいておりますが、アンケートの締め切り後に、まとめて回答させていただきますのでご了承ください。

まだまだ多くの方にご協力いただきたいと思いますので、引き続きブログやツイッターでのつぶやきなどでご協力をお願いいたします。

イタリア旅行記2009 第14日

いよいよ丸一日イタリアで過ごすのも最後となりました。昨日は快晴だったのですが、予想通りにこの日も雨です。郊外の方に行くという選択肢もあるのですが、さすがに旅行の疲れも出てきていたので、近場で過ごすことにします。

イタリア旅行記2009 第13日

とうとうやってきました。イタリアに来てから初めてと言ってよいくらいの快晴の日です。本当に雲一つ無い青空だったので、今まで歩いたところももういっぺん見てみようと朝から散歩に出かけました。

イタリア旅行記2009 第12日

さて、本日は予約していたナポリ・ポンペイ1日ツアーに参加いたします。自分で行けない場所でもないのですが、南の方は不慣れなのと治安があまりよろしくないのとで、嫁を連れて歩くのは難しいかなと思ったので、ネットで探して現地発のツアーを申し込んでおきました。

Webの配色に関する調査のご協力お願いします

現在、背景色と文字色のコントラストについて調査を実施しております。

文字の読みやすさに関する調査

背景色と文字色の組み合わせで、読みやすいか読みにくいかを選んでいくだけの簡単なものなのですが、設問が多いため、自分で作っておきながら大変面倒くさいものとなっております。お忙しい中恐縮ですが、データを多く集めたいと考えておりますので、Web業界の方だけでなく、様々な方のご協力をお願いできればと思います。

なお、集まったデータを元にあれこれ考察をし、「基礎からわかるホームページの配色」にて公開いたします。

アンケートは4月30日(金)までとさせていただきます。お忙しい方はTwitterでこんなアンケートがあるとつぶやいていただくだけでも構いませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

イタリア旅行記2009 第11日

前日寝るのが遅かったので、ぼけ~っとしながら移動することとなりました。ホテルは駅まで5分弱なのですが、イタリアにやってきてから一番強い雨が降っております。雨の日の移動は余計に疲れます。

イタリア旅行記2009 第10日

いよいよ大晦日になりました。イタリアで年を越すのは初めてなので、わくわくいたします。

▲このページの先頭に戻る